AIRPLAY

ひさしぶりに聴く1枚はエアプレイ。AORの中でもポップな疾走感ということでは本作が一番。ジェイ・グレイドン、ディビッド・フォスターのコンビまたはいずれかがプロデュースした名作の数多くの原点がこれ。時期は前後してもマントラ、アル・ジャロウ、ペイジズ、EW&F、AWB等々の作品は本作を中心としている。どれもが個性を持った音楽ながら、もろに2人のカラーが出てしまうあたりはさすがとしかいえない。ラストに極めつけのAfter The Love Is Goneが登場あたりがたまらない。これまた生涯にわたって愛聴されるべきアルバム。過去の傾向からいくと彼らの音楽は断然これからの春の時期に聴くのが良い。
B0009s8evu01_ss500_sclzzzzzzz__1

| | Comments (0) | TrackBack (0)